Twitter上にMML(メロディを文字で表したもの)を書いて共有するサービス

SiON140

 オクターブダウン  オクターブアップ


140/131文字

MMLの書き方

MMLはMusic Macro Languageの略で、楽譜を文字で表現したものと考えてください。

以下は例です。

このように、音符に対して「文字+数字」が対応します。
文字の部分は音程、数字の部分は音の長さです。

この例だと、Cはド、8は八分音符を表します。

対応表
音名MMLでの表記
C
D
E
ファF
G
A
B


その他のコマンド

オクターブ操作(o+数字): オクターブを指定。例)o4(オクターブを4に)
音長先行指定(l+数字): 省略時のデフォルト値を指定。例)l16(以後は16分音符で演奏)
繰り返し([ ... ]+数字): [ ... ]内を繰り返す。例)[cde]2(ドレミを2回演奏する)
音色: %0@0 … 矩形波(デフォルト) %0@1 … ノイズ %1@8 … 三角波

詳しく見る

このサービスは、演奏部にSiONを利用しています。
loading...